■2018/05/01(火) 伐採に立ち合いました(No48)
5月1日と2日の両日に予定されている伐採に立ち合いました。
5月1日はNo48の伐採ですが、幹も大きく葉も多く茂っているため作業は2日間に亘るようです。
写真は区から提供されたものも含めて載せています。
なお、その後の植栽に関しては、11月〜来年1月の予定であり、樹種は「ジンダイアケボノ」の予定です。

写真:No48の伐採作業

写真左:No48の伐採作業
写真右:No28の伐採作業

写真左:No48の伐採後(新しい桜を植栽する11月以降まで、このままの形です)
写真左:No48の伐採断面(この高さの断面はそれほど空洞は見られません)

写真左:No28の伐採後
写真左:No28の伐採断面(中央部は大きく傷んでいます)

■2018/04/24(火) 第131回定例会議
参加人数:7人(その内世田谷区:2人)
時間:18:00〜19:30
場所:上北沢区民センター 第3会議室
議事:
1.区からの報告と協議
(1) 植栽桝について
・新たに設置したNo41、43、50の植栽桝は車の影響、沿道の家の出入り口等を考慮して区が設置した
・当面このままの形で様子を見るが、桜が成長して縁石を持ち上げるようなことがありそうであったら大きくすることを検討する
・既存の植栽桝では縁石を持ち上げているとこも多くみられるので、当面、危険防止のための対策をお願いしたい
(2) 植替え更新について(No28、48)
・5月1日〜2日に伐採する(伐根は後日)
・新しく植える桜は「ジンダイアケボノ」とする予定であるが、住民の意見を聞いたうえで決める
(3) 今年度の植替え更新について(No9、49)
・No9、49は腐朽率も大きいため更新候補としている
・先月の花芽観察会では石井樹木医からNo30と37は「Cランク」であり、今後の更新候補であるとの話があった。さらに「オオシマザクラ」(No4)についても、花は少なく、葉も小さくて元気が無いので更新を考えていく必要があるだろうとのことであった
(4) 枯枝の剪定について
・花芽観察会で指摘された枯枝の剪定を5月中旬頃に行う予定である
2.上北沢公園のケヤキの裂け目等について
・上北沢公園のケヤキの多くに、縦の裂け目があるが、危険ではないのか(桜)→とくに問題はないと考えている(区)
・上北沢公園北側で、道路と公園の間にある柵で囲まれた部分はどうにか公園として利用できないか(桜)→鉄道立体事業の中で道路の移設を検討している部分であり、下水工事との関連で進捗できていないと聞いている。当面は止むを得ないので了承して欲しい(区)
3.その他
(1) 八幡山の都営住宅付近の桜
・上北沢の桜並木にあるNo48よりも傾きが大きいように見える。この状態でも危険でないのなら、No48も大丈夫ではないのか(桜)→実態を調査してみる(区)
(2) 次回の会議予定
次回の会議は日程調整してから決定する